スーツ

全てをデザインする

コミュニケーションを取る大切さ

オフィス

オフィスデザインを変えることで、スタッフのモチベーションや作業効率も良くなりますが、効果はそれだけではありません。オフィスデザインを充実させることで、コミュニケーションが取りやすい環境を生み出すことができるのです。仕事をしていく上でスタッフ同士のコミュニケーションは必要不可欠なものとなります。コミュニケーションがスムーズに行なわれている会社とそうでない会社は、会社自体もそうですが、数字で結果が変わります。コミュニケーションが取れている会社は経営や利益があり、作業効率も無駄がありません。役職によってデスクやスペースが決められていた従来のオフィスとは異なり、今は役職に関係なくコミュニケーションが取れるようになります。そうすることでオフィス内の雰囲気が変わるのです。デザインとしてあるのが、お互いに顔を向けてデスクワークが行える丸いテーブルです。カフェのような大きな円を型どったテーブルで作業することで顔を合わせられます。また、木を基調としたオシャレな雰囲気を作り出すと尚リラックスできた良い空間ができるでしょう。コミュニケーションの取りやすい雰囲気のあるオフィスデザインにすることで、会社にいることが楽しくなります。

いつでもミーティングが可能

作業をチームごとに行う場合、思いついた発想を忘れないようにチームに伝える手段として、オフィス内に小さなミーティングデスクが用意されています。大きなデスクを用意するとなるとミーティング室が必要となるため、その部屋まで移動しなければいけません。大きな会社でも小さな会社でも、同じオフィス内に使いやすい小さなミーティング用のデスクがあれば、いつでも気軽にチーム内でミーティングすることができます。オフィスデザインは、オフィスないのデザインだけでなく家具や照明といった設備までデザインしています。椅子も肩こりや腰痛がしにくいものを取り入れると、体に不調を感じることなく作業が行えます。このように、オフィスデザインは空間も家具も全てデザインしているのです。